テーマ:

関西の出版界の商談会 日販大阪パンパク開催

遅くなりましたが、4月18日 書籍取次最大手 日本出版販売関西支社の商談会が、中之島の中央公会堂で行われました。日本で一番美しい商談会、と言ってもいい素敵なロケーションでの開催です。なんとしても売り上げを立てたいところでした。 我が小さな実用書の出版社もブースを出しました。今回は本社から部長と二人で出席しました。今回のウチの目玉は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島新年会 帰り道で見つけた美味しいものは…

広島の書店組合の新年会に呼んでいただきました。「最近、来ないなぁ」との声に、小さくなりながら、実は担当から外れたのですが今日は特別に…と。昨年はフタバ図書の世良社長が亡くなられ、台風や天災での被害など悲しい辛い年になりました。 今回驚いたのは、自民党の岸田政調会長がご挨拶に来てくださったこと。驚きました!が、軽減税率の話をお願いす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 書店業界の幕開け

大阪の出版界、今年から恒例だった大阪屋のおでんの会が取りやめとなりました。日販さんは数年前からしておられず、トーハンさんも今年は「賀詞交換」の場を設ける、という縮小しての新年の幕開けとなりました。 例年同様に行われたのが、大阪出版業界の新年互礼会。たくさんの人が集まりましたが、古い方にお聞きすると、以前はこんなもんじゃなかった、書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都ブックフェスタ 2018 に行ってきました。

京都の書店と出版社、書店組合などで行われる京都ブックフェスタ。今回が3回目ですが、初めて寄せていただきました。場所は京都市役所の前の地下街・ゼスト御池地下街です。 もちろん、僕のいる「小さな実用書の出版社」は京都ではないので、出店はできません。出版社はそれぞれのブースで、自社の商品を割り引いて販売します。また、一部には特価商品もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4/19 日販関西支社の商談会 パンパク開催!

毎年恒例の行事、大手書籍取次の日販の商談会が、大阪中之島の中央公会堂で行われました。 場所がいいですよね。歴史ある建物、素敵なたたずまい、ここで商談会行われて参加させてもらえることをうれしく思っています。 が、一方、書店さんの売り上げはずっと右肩下がり。とうぜん、僕のいる「小さな実用書の出版社」の売り上げも苦戦です。また、商…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪天満宮 鷽替神事の朝 久しぶりの梅の開花状況

今日は天神さまの鷽替神事の日でした。たまたま、南森町のアンシーストレッチヨガスタジオさんにお伺いすることになり、天神さんにお参りして行こうと思ったのです。そう言えば、鷽替神事の日っていつだっけ?と思うと、まさにドンピシャだったというわけです。 普段ついた嘘を誠に変えてくれるという鷽替神事。この時期に太宰府天満宮で販売されるという鷽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年 関西の出版業界の年明け

今日は関西の出版業界の新年恒例行事である大阪屋栗田の【おでんの会】。今年は堺筋本町のマイドーム大阪が会場でした。以前に徳庵にあった流通倉庫で開催していたようなイメージが、社長のお眼鏡にかなったようです。大阪の出版業界の年明けはここから始まるのです。 終了後、今度は大阪出版業界の互礼会。こちらは梅田のウェスティンで行われました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと銀河線 軌道春秋 フタバ文庫

友人のショウタがJRの一筆書きで.千葉の外房線内房線に乗ってきたと聞いたのはいつだろう。僕は書店の店頭に並んでいたふるさと銀河線を買ってしまった。 その最初の話が房総半島を回るサラリーマンの話だ。リストラされたことを妻にも告げず、毎日減塩のお弁当を持って出かけていく男とそれを知ってしまう妻の話である。 自分も20年前、勤め先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良書売り伸ばし 「英訳付 仏像鑑賞ガイド」 遂に増刷決定!

美術館や博物館に行くと、僕の所属している”小さな実用書の出版社”の本がミュージアムショップに置かれていることがあります。とても誇らしく、見るだけでうれしくなっていました。 そんな中に「日本絵画の楽しみ方 完全ガイド」「西洋絵画の楽しみ方 完全ガイド」「浮世絵の楽しみ方 完全ガイド」「仏像の楽しみ方 完全ガイド」などの完全ガイドシリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中之島公会堂で日販さんの商談会・パンパクが行われました。

今日は書籍取次大手の日販さんの商談会でした。パンパクと名づけられたこの会合は、もう20年ほども続く恒例行事です。在阪だけでなく東京の大手出版社さんが事務用テーブルを一つ借りてブースを出し、書店さんの担当者や店長方が来られて商談をするというものです。 そもそもパンパクというのは、パンでも食べながらお互いの売り上げを上げるために話をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年 「新春の会」と「おでんの会」に行ってきました。

関西の出版界の年明けを告げるトーハンさんの「新春の会」、大阪屋さんの「おでんの会」に出席してきました。その前に、堂島にある最大手の日販さんも訪ねてご挨拶をしてきたのですが、ここで年初から大失敗。支社長の前で緊張してしまった僕は「来年もよろしくお願いします」 一瞬の沈黙の後、大爆笑に事務所は包まれ、穴があったら入りたかったです。ちなみに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪の書店大商談会 BOOK EXPO2016 が開催されました。

昨日、大阪の書店大商談会のBOOK EXPOが、グランフロント梅田 北館で行われました。出店者も多く、またたくさんの書店さんが来られて、盛況に無事に終了しました。手弁当で準備していただいたたくさんの実行委員の方々のおかげです。ありがとうございました。 さて、私の所属する小さな実用書の出版社もブースを出させていただきました。おかげさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOKEXPO2015で出会った「自転車旅の本」・「バイク旅の本」

先週の金曜日、大阪のグランフロントで「BOOKEXPO2015」が行われました。わが「小さな実用書の出版社」もブースを出す、書店様向けの商談会です。9時開場だったのですが、地下鉄が止まっており、本社から視察の部長、こちらで働く営業代行とも遅刻。結局、今年も準備開始時は自分一人でした。 無事準備も終えて開場。いつもどおりにあまりお客様は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「世界の鳥の巣と絵本原画展 鈴木まもる」 けいはんな記念公園へ行ってきた。 

「奈良に桜を見に行かへんか?」近くに住む両親に声をかけたのは数日前。「それよりも”鳥の巣”を見に行かんか?」逆に誘われてしまったのでした。 「桜」と「鳥の巣」 比べるほどのことはない。もちろん、桜だ!と僕は思い込んだ。「そんなことを言わんと、いっぺん見に行こうや」「…」うっそー、鳥の巣を見に行くのかい?! かつての父の同僚に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一度、本の魅力をみつけてほしい。

またいつもお伺いしていた書店が閉店してしまいました。家の近くでも、かつては七軒もあったお店が今や一軒です。出版不況や高齢化などが理由。全国の書店数は三万軒から今は半分になっています。 電車の中で今やほとんどの人はスマホに夢中です。スマホやネットは便利です。何より情報は最新ですし、また多くの場合は無料だったりします。今や文庫一冊でも油断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いずれ、行かんとぞ思ふ、みちのくへ。そして、日本製紙石巻工場へ。

僕の手元には一冊の本がある。読みたくて、でもずっと読めなかった本である。本社出張の移動中に読もうと、ようやくにして本の扉をを開けた。 読んでいるのは「紙つなげ!彼らが本の紙を作っている」(早川書房) 東北大震災で津波の被害にあった日本製紙・石巻工場の地震直後から復興までの物語である。日本の本の紙の40%を日本製紙は作ってきた。その主力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「楽学ブックス 熊野三山」写真、文章が見事で、また熊野へ行きたくなってしまった。

「熊野本宮大社」が心から離れないほど気に入っている。そう、友人に話をすると一冊の本のことを教えてくれた。「JTBから出ている本で熊野の写真がすごくいいものがあるんだ。本の名前は忘れたんだけど…」と。「どうして?それが一番大事なのに…」言いたい気持ちはいっぱいだけれど、それなら直接聞いてみようとJTBの担当さんに尋ねてみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林芙美子「放浪記」復刻版から本の話です

先日の京都東山ポタリングのときに、コトバヨネットで購入した「放浪記」旧仮名遣いと装丁が気になって、放浪ばかりしている自分にも合っているかと思って最後、古本で弍拾圓だったのが決め手となって買ったんですが、正直つまらなかった。 古い装丁イメージは、昭和五年の改造社の初版本の復刻として、昭和五十一年に日本近代文学館刊行、ほるぷ発売として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年・新春 大阪屋おでんの会に行ってきました。

大阪を地盤の中心とする書籍問屋の大阪屋の新年会が恒例通り、十日戎の今日、行われました。トーハン、日販の各大阪支社は9日に開催されました。 経営危機に陥って、決算の見直し、債権者への説明、株主総会と時間がかかり二年かかって、ようやく第三者増資に漕ぎ着けたのが11月。一息つく間もなく、12月のビレッジヴァンガードの帳合変更と、泣きっ面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お世話になっている地図の話 「スーパーマップル2015年版発売」

旧知の地図の昭文社の方と駅で出会って、しばしお話をしました。最近は地図が、カーナビやネット、スマホを使われる方が増えて、最大手でもある昭文社でも厳しいそう。まぁ、書籍の売り上げが年々厳しいのですから、地図だけが好調なわけは…ないですよね。 三十年も前に話はさかのぼります。僕が一番始めに昭文社の地図とであったのは、もちろん書店の店頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪の出版界の一大イベント「BOOK EXPO2014」が開催されました。

いきなりのカレンダーでびっくりでしょ。実は昨日、大阪の出版界では一大イベントが行われたのです。 毎年、11月11日を基準として(時にずれますが)大阪では出版社と取次、書店の大イベントが行われます。実は、出版界というのは閉鎖的な世界で、大手取次の力が強くて、それぞれに販売イベントを行ってきました。また、中規模の取次では規模が小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西日販会で道上洋三さんの講演をお聞きして…

昨日、大阪駅のホテルグランヴィアで、関西日販会が行われました。出版社が参加するのは総会の後の講演会から。会費は安くはないのですが、今回のお話は朝日放送の道上洋三さん。毎朝のラジオでお聞きする朝日放送の名物アナウンサーです。 道上洋三さんは熱心なタイガースファンとしても関西では知らない人がいないような方。ラジオを聞いたことがない方で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一回OSK自転車部 大阪書店巡りの巻 

仲良くしているTSUTAYAのシヨータロー氏(以下敬称省略)から、第一回OSK自転車部を開催しますとFBでお誘いがあり、出かけてきました。実は、先日、京都で設立イベントとして京都市内書店巡りが行われたのですが、都合がつかず。第一回は大阪の書店巡りとのことでした。 僕はご存知の通り、自転車が好きで乗り回しているのですが、書店巡りというと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒どころ 酒まつり直前の東広島・西条の風景

日本酒の造り酒屋が並ぶ東広島市・西条に行ってきました。仲良くしていただいているお店があり、店長さんを訪ねてきたのです。西条は広島を代表する日本酒の酒どころ。多くの造り酒屋が並びます。駅を降りると、早速、「酒まつり」のポスターが貼られていました。 いつもはバス通りを行くのですが、ほぼ平行して通っている古い町並みの道を歩いていくことに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「古事記に興味があるけれど読みにくい」とお悩みの方に朗報

昔から、歴史が大好き。そもそもの始まりは、父親が見ていたNHK大河ドラマの影響。当然、興味ある時代は限られていた。平家、戦国、南北朝、幕末… あくまで、自分の趣味は歴史的考察や時代背景なんて、難しいことはさておき、話を楽しむ素人レベルのものだった。ところが、好きな時代の本をたくさん見ていると、今度はなぜか古事記や日本書紀、風土記が気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都で出会った昭文社の旅行ガイド新シリーズとその営業マンH氏の話

営業で京都に来ています。「営業で」ですから「仕事」です。お間違えないように、誤解のないようにお願いします。 一軒目にお伺いしたジュンク堂京都店さん。実用フロアの一番いいところに何やら見慣れない塊のような本の山でした。好奇心の塊のような僕が、その塊に近づいて拝見してみました。見ると、当ブログの隠れたサポーターの昭文社さんの新シリーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生のクロスワード 展開の話

今日の一軒目のお店は、僕にしては珍しく事前に連絡してお伺いして訪問させていただいた。というのは、わが「小さな実用書の出版社」で一番売れている「小学生のクロスワードシリーズ」の仕掛け販売の三度目のお願い。ところが、やはり思うようには行かなくて、「相談します。」 先月も先々月もそう言って下さったけれど、結局は取り上げてはいただけていないのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島出張中、尾道浪漫珈琲店へ行ってきました。

尾道浪漫珈琲 http://www.roman-coffee.co.jp/ 今回の出張での成果ですが、福山一番店のポートプラザで 「小学生のクロスワード」仕掛販売分の注文をもらえたことが一つ。 ここは、何度もなんどもお願いしてきたのですがなかなか叶わず。 一方で高橋書店の「こころのふしぎ」は児童書を飛び越えて 一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年 新春 大阪屋おでんの会に寄せていただきました。

今日は十日戎の日。 会社からもほど近い堀川戎さんにお参りして 一日がスタートです。堀川戎は芸能人や噺家さんが来られて ニュースで流れたりする戎さんです。 さて、戎さんの日は、大阪に本拠を置く書籍取次の 大阪屋さんの新年会「おでんの会」が毎年行われます。 東大阪徳庵にある流通センターの大きなトラック置場を 紅白の幕で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝古書店開業!広島横川の古書店・本と自由

広島の西に横川という駅があります。 その近くで旧知の元書店員さんが、古書店を始まられました。 書店時代には広島でお世話になって 「一度一緒に食事でもしましょう」と話していたのですが、 呉に転勤、話は実現しないまま退職されてしまいました。 「どこへ行ったのだろうか」と思っていると、 たまたまお伺いした駅のお店の古書売場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more