大峰山・稲村ヶ岳のはずが、滋賀の綿向山に変更。真夏の登山に行ってきた。

昨年夏、周囲のすべての人に馬鹿にされながら、メンバーの仲間にも呆れられながら行った大峰山。ところが行ってみると木陰の中はとても気持ちよくて、来なかった連中に自慢できるほどの登山でした。まずは、駐車場の標高がすでに高いこと、ずっと木陰の山道であまり厳しいところがなかったこと、なにより山の上から役行者様が見てくださっていることがよかった理由…
コメント:0

続きを読むread more

輪行で、五條から和歌山まで紀の川サイクリング

紀の川サイクリングに行きませんか?とお隣さんに誘われました。テンちゃんは自宅から自走して、奈良の五条で一泊するのだそう。僕は泊まる気がなくて、2日目の五條で落ち合うことにしました。学研都市線の長尾駅から木津へ、大和路線で王寺、そこからは和歌山線で五条を目指します。なるべく早く走り出したいと考えて、長尾駅始発を目指しました。センタースタン…
コメント:0

続きを読むread more

奈良県・王寺町の明神山へちょっとお散歩のつもりだったのに…

ちょっと体を壊して、歩くのが厳しくなってしまった友人のリハビリにいけないかと、王寺町にある明神山に登ってきました。明神山は、標高わずか270mほどの山。登山とはいえないなぁとなめてかかっていました。最近、このパターンが多いのですが、常に失敗しています。が、懲りないぞ。 いいなぁと思ったのは、町道が上まで通っていそうなことと、晴れて…
コメント:0

続きを読むread more

近江の国の紫陽花巡り 長命寺ともりやま芦刈園に行ってきましたよ。

紫陽花がきれいだとニュースで見た佳人と娘と孫で、滋賀の長命寺に行ってきました。石段をかなり登らないといけないということも聞いており、孫を抱いてお詣りできるのかと心配していたのですが、結局は800段あるという階段のほとんどをクリアできるところに駐車場があり、山門までは100段ほどで登れました。これなら楽ちんじゃ。 長命寺は西国三…
コメント:0

続きを読むread more

「紺屋の白袴」今度は自分の自転車の整備をしなくっちゃ。

友達の自転車ばかり直していて、すっかり「紺屋の白袴」状態になっている自分。その中でも一番大切にしているラピエール AUDACIOのブレーキのゴムが減っていて、リムに金属が当たっている状態のまま使い続けてリムが傷だらけになってしまいました。見た目はゴムがあるように見えるのだけれど、実は中ではゴムを止めている金属がそのままリムに当たっていた…
コメント:0

続きを読むread more

コロナもぶっ飛ばして、梅雨の合間に比叡山登山!

梅雨の合間にポツンと空いた一日、コロナの緊急事態宣言も今日で解除の日曜日、たまには山にも登りたいと比叡山に行くことに決めました。ひょっとしたら仲間が一人でも誰か乗ってくれないかなぁと思っていたのだけれど、皆さん自粛なのかお忙しいのか、誰もいない。仕方ない、じゃ信貴山の掃除に行くか、ついでに明神山へ行ってみようかと思ったのですが、そのタイ…
コメント:0

続きを読むread more

畑仕事のお手伝いでぐったり。

土曜日は雨かと思っていたのだけれど、運よく?曇り模様。雨は降りそうもない。 先輩の農作業のお手伝いに行ってきました。 まずは、田んぼに水を張って、防草剤の散布。一枚の田んぼに10枚くらいの袋入りの農薬をまきます。水に浸かると包装紙が溶けて、浮かんだ薬品が広がるという仕組みです。風向きなども気にしながらまくのですが、もっぱら先輩の…
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花を求めて善峯寺から梅宮大社へ

昨日の田植えで少々くたびれているところだったが、紫陽花を見に行きたいと言う佳人からのプレッシャーが…。どこへ行こうかとネットを見て悩みに悩んだ末、善峯寺へ行くことにした。善峯寺はへは何回か行ったことがあるのでよくわかっているが、もし混むのであればバイクで、空いているなら車が良いかとこれまた迷うところ。結局ノアくんを借り出すことにした。大…
コメント:0

続きを読むread more

生まれて初めて田植えのお手伝いに行ってきた。

先輩が兼業農家で、田畑を耕しておられる。時々、美味しいお野菜をいただいているのだけれど、これが美味しい!野菜嫌いの僕が言うほどだから正真正銘の美味。ただ、いつももらってばかりで申し訳ないところだった。一緒に手入れをしていたおじさんが高齢となって手伝えなくなり、手伝ってくれへんか?と聞かれると、二つ返事で行ってきた。全てが初めてのことばか…
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花の楊谷寺・柳谷観音へサイクリング

紫陽花の季節だ!と思いながらも、ちょっと季節的には早い感じ。花は見たいし、自転車は乗りたい。でも、今日は夕方から愛車のノア君の点検が入っています。愛車のノア君ですが、なんと14年目。いよいよ来年の車検前には乗り換えか…などという話があるものの、まだまだ元気でよく走ってくれます。もう一度車検を取るか、などということも含んでの、点検です。ま…
コメント:0

続きを読むread more

バイクカバー購入 ドラスタ250 サイドバッグ付きにぴったり。

先日、マジェスティ用に購入したバイクカバーが、しっかりしていて分厚くてなかなか良かった。マジェスティと同じようにカバーがダメになっていた息子のドラスタ用に、ちょっと大きなXXLサイズのものを購入しました。時々借りて走るのだけれど、こないだ借りた時には、屋根がついている駐輪場にも関わらず、ほこりだらけで錆びてしまっていて悲しい状態になって…
コメント:0

続きを読むread more

大原三千院 青もみじがとてもさわやかでした。

早起きして、京都・大原三千院へ行ってきました。600円の京都市バス均一区間を、花園橋から乗り越して330円でした。  コロナの今は、お目当の一つ、寂光院も閉まっていて、バスから降りる人も数人。静かな静かな大原の里でした。 歩いてみると、お店もほとんど閉まっていてやめられたお店もあるようです。誰も悪くないのになぁ… 三千院…
コメント:0

続きを読むread more

AUDACIOにセンタースタンド取り付け。これで輪行も楽ちんだぞー。

熊野輪行の時にまずかったのは自転車のスタンド。輪行袋に入れるにはスタンド側を下にして収納するのですが、そこにスタンドが飛び出していて下にできない。かといって、逆向きにするとスタンドが飛び出してしまうということでした。行く前に外しておく手もあったのですが、なにせ前日まで行くかいかないか迷っていたため、そこまで気が回りませんでした。駅につい…
コメント:0

続きを読むread more

蓮華が咲き誇る明日香へサイクリング

頑張って復活させた亀岡の友人・柴ちゃんのクロスバイク。汚れを落とし、錆取りをしてきれいにしました。極力お金はかからないようにと思い、ワイヤー類も磨き直して注油。変速器、ブレーキも調整して、作動もばっちり。眠っていたサイクルコンピューターも付けました。 柴ちゃんに自転車を引き渡すのをどうするか。せっかくなら一度くらい、一緒にサイクリ…
コメント:0

続きを読むread more

京都宇治・三室戸寺のつつじと茶団子のサイクリング

お隣さんに誘われて、自転車で宇治の三室戸寺へつつじを見に行ってきました。前日にちょっと残念な思いをしたのでリベンジです。自転車はお気に入りのアウダシオ君。新しく取り付けたセンタースタンドの調子も見たいこともあって出かけてきました。開門に合わせて行ったのですが、すでに行列でした。 この時期は入山料が500円から800円に大幅値上…
コメント:0

続きを読むread more

屋形船ならぬノアの箱舟で、野崎参りへ。

朝の読売新聞に、野崎観音と寝屋川駅前のつつじが見ごろだという記事が載っていたので、佳人と二人で行ってみました。 野崎観音は春のお詣りの時期なのですが、コロナの緊急事態宣言中とあってか、露店もなくお店もほとんど開いていません。いつものお祭りのときとは打って変わって、誰もいない参道になっていました。 肝心のつつじですが、前日…
コメント:0

続きを読むread more

6年ぶりの168号線 輪行で十津川~熊野、新宮へ AUDACIOと共に。

https://akio-mtmt.at.webry.info/201504/article_1.html?161933593220150401 あの、しんどかった自転車での熊野詣から時が流れて、はや6年が経ち今や僕も還暦と言われる歳になりました。ただ、未だ漂泊の思い消えず、再度の熊野詣をたくらみました。行けるのか?本当に大丈夫なのか…
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの嵐山サイクリング どうした、自転車乗り!

久しぶりに、自転車で嵐山へ行ってきました。いつもの淀川から嵐山自転車道でスタート。さすが、ロードバイクは早いわ!なんて嘯きながら快走。ところが、サイクルコンピュータの電池が切れたようで、速度が読めません。でも、往路は1時間10分くらいで行き着きました。こちらは渡月橋。僕のいつものスポットです。 こちらは中の島橋 こちらもなかなかいい感…
コメント:0

続きを読むread more

桜満開の大分旅行 中津から宇佐、豊後高田、臼杵、別府、鍋ケ滝まで 

我が家の近く京都府八幡市男山にある「石清水八幡宮」平安京のころから朝廷や武家たちの信仰も厚い全国的にも有名な神社です。また、鎌倉幕府を開いた源頼朝が信仰したのが「鶴が丘八幡宮」。その元は大分にある宇佐八幡宮。孝謙天皇が道鏡を天皇につけようとした折、和気清麻呂が拒否のご託宣を得て、帰ってきたのがここです。 子供のころから数えきれない…
コメント:0

続きを読むread more

今度はつかの間の和歌山城の桜の花見

本当に久しぶりに和歌山へ行ってきた。レンタカーを借りて得意先を回り、仕事が終わったとき、太陽は沈んだもののまだ明るさが残っていることに気づいて、和歌山城へ行ってみた。一枚でも写真が撮れたらいいなぁって思って、駆けるようにしてお城に入って、何枚か写してみた。 あっという間に闇が深くなり、自分の能力では手持ちでは撮れないよ…
コメント:0

続きを読むread more