ウサギとカメ登山倶楽部 御在所岳へ久々の山登り 

例年恒例のアルプスがかなわず、近場で楽しめる山として二度目の御在所岳に行ってきました。雨模様の天気に、僕がおじけづき、前日夜に中止決定、山ちゃんからのクレームもあり、やはり行こう!とすったもんだ。そんないきさつもあり、参加者も減ってしまい5名での道ゆきとなりました。いつものように、アクセスはのあバス。それにしても調子よく走ってくれるもの…
コメント:0

続きを読むread more

広島へ 日帰り強行旅日記

広島で仲良くしていただいた書店の担当者Sさんが東京へ転職されると聞いて​びっくり。私が今いる小さな実用書の出版社にとっては大変お世話​になった方なのです。広島の担当は外されて現在は担当外です。で​も、お世話になったお礼を言いたい。ダメ元で出張申請をしたもの​の不可。まぁ当然かとあきらめて、自費で広島日帰りの旅となりま​した。夜は送別会の…
コメント:0

続きを読むread more

奈良天理 石上神宮へいろいろお願いと楽しい歯ブラシ屋さん、おいしいかき氷

久しぶりに佳人と娘と、奈良へお出かけ。目的地は日本でも屈指の古さといわれる石上神宮。 でもその前に、大和郡山のフジエダハウスに寄ってモーニング。おいしいパンが食べ放題で、とってもご機嫌な朝食が食べられるお店です。 ただ、コロナの影響で、バイキングだったパンは籠に入れて持ってくるスタイルに変更となっていました。好きなパンを選べ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナの夏 灼熱の中 大峰山・山上が岳に登ってきたもんね。

コロナで山へ行けないこの夏。山小屋も休業されているところもあり、営業しているところはすでに予約でいっぱい。テント泊をする度胸はないし道具もない。でも、山へ行きたい。そんな気持ちでグループのFBにあげたのが月曜日、行こうとしているのはその土曜日。みんなの予定も合わず、あいている人からは「この暑いのに山?熱中症になるぞ」と、逆に引き留められ…
コメント:0

続きを読むread more

京都 御金神社から嵐山へサイクリング

ロード乗りのお隣の博ちゃんから誘われて、御金神社へ早朝からサイクリングに行くことになりました。御金神社?知らんなぁって思ったのですが、日本全国に信心される方がいる全国区の神様だそう。え?本当?っと半信半疑で向かいました。コースはいつもの嵐山自転車道、途中から鴨川沿いに河原町通りへと走ります。 空気圧を100まで高めたので、抵抗感も…
コメント:0

続きを読むread more

この夏、「マンガでわかる理想の教科書」フェアを、開催してもらっています!

今年は画工の夏休みが短くて、課題図書や自由研究の課題があまりないようで、少しでも売り上げのプラスにならないかと、お店からお声をかけていただき、小さな実用書の出版社としてはワンパターンですが「まんがでわかる理想の教科書」のフェアをしていただくことになりました。 大きな場所が必要ということもあり、例年は年明けの日記・手帳、カレンダー、…
コメント:0

続きを読むread more

「こどもはあそびの中で学んでいく」+「絵を描くことは成長につながる」初めてのフェア展開 

京都市左京区高野にある阪急スクエアの中のアバンティブックセンターさんで、こんなフェアを開催してもらっています。 育児書 三点「あそび図鑑 0~2歳」「あそび図鑑 3~6歳」と「怒らず伸ばす育て方」 児童書 二点「カモさんのえがじょうずになる本」のフェアです。 まず、あそび図鑑は本としての出来が、個人的に非常によくできて…
コメント:0

続きを読むread more

今度はご近所の友人宅の庭掃除 その後

友人宅の庭掃除で出た山のようなゴミ袋と切り倒した木々、これをどうやって焼却場へ持っていくかと悩んでいたのですが、たけ先輩が、軽トラ貸したろか?と尋ねてくれて、お借りすることになり、おまけに一緒に城陽の焼却場へ運んで下さることになりました。申し訳ない…。 いざ、ゴミ達を積んでみると、軽トラの左右にコンパネを立てて積みこめる量を増…
コメント:0

続きを読むread more

三連休は子供たちがいなくなった部屋の大模様替え

<子供たちがみんな独り立ちして、部屋が空いてしまったので、佳人が以前からやりたがっていた部屋の模様替えをしました。 僕たちの頃は、結婚するとなると大きなトラックに家具や電化製品、布団などを満載して、紅白のリボンをかけて運んでくる、そんな時代でした。 僕たちのスタートは公団の賃貸住宅。この部屋に置けるのか、というほどの荷物をトラ…
コメント:0

続きを読むread more

今度はご近所の友人宅の庭掃除

奈良信貴山の三休亭の庭掃除をしているわけですが、ご近所に住む幼馴染の実家の庭掃除のお手伝いに行ってきました。 業者さんを呼ぼうと思ってるという彼を引き止めて、日にちを決めて片付けをしてみることにしました。僕は、ご近所なので早朝から取りかかりました。 雑草が伸び放題、木々も大きくなりすぎてどこからやればいいのだろう…という感じでした。…
コメント:0

続きを読むread more

調子に乗って、今度は嵐山へサイクリング

先日の流れ橋に気分を良くして、今度は嵐山に向かって走りました。嵐山木津サイクリング道はとても快適でご機嫌な道です。 コロナの影響で、京都の街も人が少なくていい感じでした。ただ、お土産屋さんなどは営業が厳しそうでした。嵐電の嵐山の駅には足湯があるらしいのですが、今日のところは、電車の写真を撮るだけでおしまい。なにせ暑くて暑くて…。早々に…
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに、八幡 流れ橋へのポタポタポタリング

京都八幡市の観光名所 流れ橋。例年大雨や台風で流されていることが多いのですが、今どうなってるかなぁと思い、行ってきました。 八幡市からサイクリング道を走り、木津方向に向かいます。走っていくと、あ!橋があるぞ!やった!橋のたもとで愛車とツーショット。快適に走り、帰ってきました。 帰り道、やはり雨に見舞われたのは、龍神様のご加護のせい。…
コメント:0

続きを読むread more

愛宕山 千日詣りに行ってきました。

京都 千日詣りの愛宕山へたった一人で登ってお参りしてきました。今年はコロナの影響で、夜間登山は中止ということで、昼間に登って降りてきました。 清滝まではバイク、そこから登山開始です。夜間登山の時は見えない景色も見えて、水尾や京都市内が見渡せるところもあり、また道々にあるお地蔵様に手を合わせながら登るのは暑いながらも楽しいひとときでした…
コメント:0

続きを読むread more

麒麟の福知山城と紫陽花の丹州観音寺へ。

前回は入れなかった福知山城。厳密にいうと、ミュージアムに入る直前で締め切られたので、登城をやめたのだけれど、今回は平日でしかも雨とあって余裕で、ゆっくりとみることができました。 相棒はノア君、高速もへっちゃらで元気に走ってくれています。トヨタカローラ京都八幡店サービスの方々のおかげ、感謝しております。値段は、当方、貧乏神様の親友で…
コメント:0

続きを読むread more

失敗ばかりの福知山城 登城計画

せっかくの好天の日曜日、どこか行くか、古家の掃除に行くか、迷ったばかりに出発が遅くなってしまいました①が、佳人と福知山へ向かうことにしました。 京都縦貫道に乗ったあとで、マスクを忘れたことに気づきます。でも今更、戻れないので、現地調達することにしてそのまま向かいます。② 縦貫道から舞鶴自動車道に入るはずが、高速を降りようと思…
コメント:0

続きを読むread more

今度は紫陽花の藤森神社と、青紅葉の東福寺へポタリング 自転車故障でブルーな気分のおまけつき

先週はポタリングでお隣さんと大原野神社へ行きましたが、今週は東福寺に青紅葉を見に行こうとのお誘い。青紅葉か、それもいいなぁと思い、ノッポのスコット氏を誘って三人で出かけました。 ルートは淀川自転車道、わかりやすくて安心。今日は空気もパンパンに入れてきたので楽勝です。 スコット氏が、藤森神社の紫陽花を見に行こうというので寄って…
コメント:0

続きを読むread more

長岡天神から大原野神社へポタリング

ご近所に住むロードの先輩からメール。久しぶりに,次の日曜日に長岡天神でも行きませんか?というお誘いでした。 長岡天神は悪くはないのだけれど、ちょっと距離が近すぎか、でも、信貴山に草刈りに行かねば…と思いながらもご一緒させていただきました。行き先は少し伸ばしてもらい、大原野神社に変更してもらいました。 そして、日曜日の天気が雨…
コメント:0

続きを読むread more

旧友の様子伺いと廣瀬神社へ病気完治のお願いに

リハビリ中の旧友のお見舞いに行ってきました。病院はどこも、今はコロナの心配があり入れません。で、一か月以上、顔を見ることもできなかったのですが、どうしているのかと気になって気になって、ついに行ってしまいました。 とは言え、窓から顔を出してもらい、駐車場から見るといった感じですが、元気そうで何より安心しました。行ってよかった、顔を見…
コメント:0

続きを読むread more

明日香 岡寺へドライブ

もう間もなく緊急事態宣言も解除されるという土曜日。県をまたいだ移動はいけないのだけれど、飛鳥へと出かけてきました。 行ったのは岡寺。行きたかったのは、日本最初の厄除け祈願のお寺だということと、コロナが広がった今年、参拝すると厄除のお札をもらえるということから。 岡寺は元々は龍蓋寺と言われたお寺で、飛鳥の丘に位置することから「岡寺」と…
コメント:0

続きを読むread more

イガリシノブと劇団雌猫のコラボ企画「化粧劇場」と、免疫力アップ「腸の教科書」著者テレビ出演の話

僕の勤務する小さな実用書の出版社では、このたび、「イガリメイク、しちゃう?」(宝島社)のイガリシノブさんと、女性たちにコアな人気の劇団雌猫の人たちのご協力で、コラボ企画として「化粧劇場 わたしたちが本当に知りたいメイク術」という書籍を出しました。著者の方々も、我が編集も、より内容を充実させようとの思いから発刊が少し遅れ、次は新型コロナの…
コメント:0

続きを読むread more