奈良の古家の草むしりと暗峠登坂失敗、枚岡神社・野崎神社へ。

昨日は柏原の茶吉庵での楽しいイベントがあったにも関わらず、僕は奈良の三休亭の補修のため参加できず。みんなで楽しむためには仕方ないよね、と自分を納得させて弟と奈良へと向かいました。今までは一人でやっていたのですが、先日作業中に事故を起こしてしまったので、「一人でやったらあかん」「ひとりでできるもん」「絶対あかん」となってしまったわけでした。

さて、やることいっぱい、どこから手をつけるか。まずは、目に付いたところの草むしりを始めてしまいました。これがいけませんよね。やることの優先順位がつけられないので、いつまでもみんな中途半端になってしまうのです。

そう思いなおして、やらないといけないカラーベスト屋根のペンキチェック。もはやはがれてボロボロ。前の塗装を一度めくって、下塗りを塗り、上塗りを塗らねばなりません。試しに少しはがしてみましたが、かなりの痛みようですぐにはがれます。これならできそうかな。問題は屋根の手の届かないところをどうするかです。

上に登ったついでに、玄関の屋根の錆びているところだけ錆止めを塗りました。本当は全部塗りたかったのだけれど、やることが多すぎて諦めました。まぁ下からは見えないからよしとしよう。

次は生垣を刈りそろえます。まずは裏庭から。お隣との間の生垣が高くなりすぎて、死角になるので、ノコギリとハサミで低く切りそろえました。そして、大量の切った枝を荒縄で縛ります。見通しがよくなっていい感じです。

裏庭が終わったらいよいよ玄関側の生垣です。「えーこっちもやるんかい?」二人の時にできることは少しでも片づけておきたいもんね。こちらは電動チェーンソーの出番です。弟に切らせて自分はゴミ集めに集中していたのですが、「えー加減に代わってや」、との声に選手交代。切るほうがしんどいらしい。二人で切って、見違えるようにきれいになりました。

本日の作業はここまで、と草刈り終了。疲れました。弟はここから車で帰りますが、僕は乗せて来た自転車を組み立てて自走します。暗峠から枚岡神社、野崎観音を経て帰宅予定でした。

画像
国道168号から西へ外れ、307号を行きます。しばらく走ると急な坂道。最初は元気に登っていたのですが、さっきまでの草むしりで体力を使い果たしたのか、かつて一度も押したことのなかった奈良側からの暗峠で、全行程の半分ほどしか自走できず押しました。草むしりで体力を消耗したことと、草の花粉で花粉症発生~鼻水と胃潰瘍が治りません。

画像
なんとか、暗峠まで押し続け到着。正直屈辱的でした。「押してしまった」こんなことは、大台ケ原と暗峠の大阪からの上りしかなかったのになぁ。体力の衰えを感じます。登り切って今度は下り。これがまた、奈良側よりも数段上手のきつい坂道。結局、ほとんど押して歩きました。ブレーキをかけると転がり落ちそうなのです。

画像
ほとんど歩いて枚岡神社へ、お参りしました。河内の国一之宮になります。
画像
おそらくご朱印の受付は5時まで。時刻は4時55分。まずは、お参りを終えて、ご朱印をいただいたらダウン。ちょうど置いてあった台の上で一休み。半時ほど眠ってしまいました。真っ青な空が頭の上に広がっていました。
画像
画像
さて、次は野崎神社だ。坂道はないはずで楽勝だぁ。

ところが、野崎神社につく前にも少しばかり坂がありました。でも、パワーも回復しており、無事に門前まで自転車で乗り込みました。
画像
時刻は6時で、春の野崎参りの時期ですが、露店もイベントも終わっており参拝客もほとんどおられませんでした。神前で手を合わせて、お参りは終了です。

野崎から長尾までは輪行で帰ろうかと思っていたのですが、体力も回復してきたし、道も平たんなので自走で帰路につきました。18キロ、信号もある車も多い道を1時間で帰ってきました。

それにしても、暗峠登坂失敗は悔しいなぁ。また、リベンジに行ってやろうっと!

COLOR +(カラープラス)奈良 (COLOR PLUS)
昭文社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



信貴山の上からは奈良の夜景が一望です。値段の割には非常にお値打ちですぞ。
料亭旅館みよし
楽天トラベル
自然に囲まれて、雲の流れが見れる癒しの宿。奈良・信貴山 料亭旅館みよし。


楽天市場



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック