下戸の酒談義 獺の話である。

僕は下戸である。仲間内でもその話は常識。だが、下戸を「酒を一滴も呑めない人」と定義づけるならば、本当はそれは一部誤りと言えなくもない。

実はビールは苦手である。以前はジョッキも一杯くらいならば付き合えた。が、最近は呑みに行くことが少なくて徐々に呑めない体質になり、いまやコップ二杯でも厳しい。おまけに、油物のおつまみが大好きである。たとえば、オニオンリングフライ、唐揚げや脂ぎった肉やベーコンなどなど。で、胃があまり丈夫でない。炭酸で荒れた胃に油を投入するのだから、平気なはずがないのである。ところが、アルコールよりもおつまみが好きだったりするので、こちらをやめるわけにはいかないのである。かくして、 ビールを飲むと胃が痛み、体調不良に陥るのを知っている友人たちから「あいつは呑めない」ということになっている訳である。もともと、あまり好きでないのでそのまま通しているというのがほんとうのところなのだ。

ところが、自転車にはまりだして旧街道を走ったりすると、いい佇まいのお店がある。その多くが造り酒屋さん。「酒の香りがいい香り」だなんて、下戸の僕が思うはずがない。ところがである。当然、先方は「鴨が来たぞ」ってもんです。なんと言っても、ご商売ですから。まさか、家の構造や歴史、その佇まいにいい味を感じて来ているとは、お釈迦様でもご存じあるめぇ。こちらも、客じゃないことをあからさまにして敵愾心を燃やされたくはないから、話しかけられると適当に相槌を打つし利き酒を勧められるといただいたりするわけだ。いただいてしまうと、手ぶらでは帰りにくい。一時は、家ではほとんど消費されない酒粕を買って帰って佳人にイヤな顔をされたもんだ。

ある正月のこと。場所は多分、平安神宮。お参りをして、神矢をわけていただくとお神楽の奉納の後、まとめて清めてもらい、御神酒を頂戴した。その酒がうまい。水のようにすっと五臓六腑に透き通るようだった。うーん、この酒はいい、同じくほとんど呑めない佳人と話したものだ。味をしめて、利き酒をしながら、「あんな水のようなお酒に巡り会わぬものか」と願うのだが、未だに出会えない。利き酒の時には「お、これは!」と感じて買って帰るのだが、残念ながら家で呑むと味が違うのである。とはいえ、我が家には他に日本酒を飲む輩はおらぬので、自分で仕方なくチビリチビリと飲む。ところが、余りに冷蔵庫で寝かせてしまうので、最後は味も素っ気もない水になってしまうのである。で、なくなった頃にまた、どこやらの旧街道の造り酒屋に巡り会う、そんな感じなのである。

そんなこんなで、下戸のはずがいつしか、日本酒は少し呑んだりしているのだ。味はさっぱりわからないが、例の水のような酒を探すために、日々走るのである。そんな僕に、「山口に行くなら”獺祭だっさい”というお酒がある」と吹き込んだ奴がいるのだ。どうやら、出張に行くなら買ってこい、ということらしい。ところが、前回出張で山口に行ったときに酒屋さんを探し回った。どこもかしこも売り切れである。なんで、呑めない僕が酒を探すのか、と探しているうちに馬鹿らしくなってやめた。駅のキヨスクにあることもある、と言われて尋ねてみたがやはり売り切れだという。「どこもなかった」と報告して終了である。

手に入らないとわかると、例のごとく、好奇心が目覚めてきた。なんで、こんな地方のお酒に目の色を変えてみんな惹かれるのだろう、である。そもそも、”獺”だと!既に日本では絶滅したと言われているではないか。高知にも須崎市に獺が生息していたと言われているが、近年は目撃されてもいないという。僕も動物園でしか実物は見たことがない。かわいい奴だけれど、環境の変化で生きていけなくなったそうである。密かに、どこかに生息していると、日本狼ともども信じてはいるのだが。

閑話休題、”獺祭”である。調べてみると、岩国市の山間にある旭酒造という造り酒屋の酒で、酒米である山田錦を削って削って、不純物どころか米そのものまでなくなるのではないかと言うほどに削った材料で造られた酒だそう。一部の酒好きには知られていたようだが、マニアの世界。それが、芸能人が話したりして知られるようになり、一気にブームになったのだそうだ。増産したいが、原料となる山田錦が増産できないのだそう。稲の一品種だが、背が高く風に弱いため、生育する農家が少ないのだという。

さて、話はちょっと横に飛ぶ。今朝ほどのこと。広島の山本店長としていると、店長が「これお土産にどうぞ」と下さったものがある。「お土産をもらいに来た訳じゃない」と言いながらお話をお聞きすると、阿部首相がオバマ大統領来日の際に、一献さされたお酒だそう。銘柄は賀茂鶴。おそらく、広島の酒どころ東広島西条のお酒だと思われる。件の話をすると、また一つお話をいただいた。広島の三越で、レモンの和菓子「瀬戸田レモンケーキ また来て四角」と言うものが人気だったらしい。ちょうど日経新聞の夏におすすめのレモンのお菓子として一位となり、売り切れ。六個入り以上なら取り寄せできると、さすがに商売人だったということだ。「ただ、私には甘すぎてね」とは山本店長の評価。ちょうど、販売されていた女性も同意見だったらしいけれど、これは口外無用。

で、同じく三越での話。大阪の玉出木村屋というお店のあんパンがすごい人気で、同時に出店したお店がうらやんだほどだという。大阪に住む自分も知らないけれど、岸里玉出にある老舗のパン屋さんらしい。京都や大阪の百貨店にも出店しているという、グルメにはよく知られたお店らしい。

結局は、マスコミに踊らされているのではないか?自分でおいしいものをおいしいとする評価は付けられないものか。ことは、本にも同じことが言える。本当におもしろい本は自分で見つけようではないか。ちまたで評判だからとか、だれかさんからのおすすめの本だとかもいいだろう。でも、品切れしているお探しの本よりも、もっとおもしろいこんな本がありますよ、とお客様におすすめしたいではないか、それが元々の書店の心意気ではなかったのかと。本に限らず、自分の感性を研ぎ澄ませたいものだと。

さてさて、元に戻って、酒の話である。僕は相変わらず、今でもビールは苦手である。そもそもアルコールがあまり体質に合っていないことも事実だろうと思う。だけど、先日の立山登山の折、蔵の助山荘でみんなで呑んだビールは美味しかった。まぁ、あれはその場の雰囲気や気持ちの高揚、気心の知れた仲間との山頂到着という場面だったからのものだろうと思う。

さて、我が輩、ただいま広島出張中、明日は岩国である。果たして、どこかで獺と巡り会えるのだろうか。山の仲間と気持ちよく乾杯なんてことを夢見ながら、今晩は眠ることにしよう。夢の中で酔う分には誰にも迷惑はかからないし、下戸の僕でも美味しく呑めそうだから。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック