養老天命反転地 養老の滝へと行ってきた。


岐阜県の南の養老の地に妙な公園ができたと聞いたのはいつのことだろう。養老公園というのは親孝行な息子が、お酒好きの父親のために甘露な水を手に入れたという謡曲にもある養老の滝の地。
IMG_5036.JPG

ここにある公園に1995年に造られたのが養老天命反転地。平らなところがほとんどなく、水平感覚が保てないというところに興味を持ったのだった。それからはや25年。ようやくにして訪ねることとなったわけ。改めて調べてみると、現代芸術家の荒川修作とマドリン・ギンズ のイメージを具現化したもので、例えば瀬戸内アートプロジェクトなどにつながるものかと思われます。娘と佳人と三人で訪ねてきた。

行ってみると、公園は一部工事中。おかげで、入園料が少し割引料金となっていて団体料金で入ることができたのはラッキー。近頃、守り神様になっている貧乏神様がやさしくなったような気がするなぁ。

IMG_9896.jpg僕のイメージでは、養老天命反転地というのはアスレチックのような野外公園とだったのだが、現実には違った。現代芸術の作品を並べて、それを歩きながら見て回るという、それこそ瀬戸内芸術祭的なものだった。ただ、施設が古くなり、色もあせたりはげたり苔むしていて、ちょっと残念。まぁ、野外なのだから仕方ないかな。公園をひとしきり回り、坂や作品を見て楽しみ、写真を撮って、非日常的なひとときを過ごした。IMG_9905.jpgIMG_9911.jpgIMG_9848.jpgIMG_9876.JPG

せっかくだから、養老の滝も訪ねてきた。こちらは雨のために遊歩道が崩れて、山道を遠回りして歩かないといけなかった。小さな川だと思ったのに、滝についてみると予想外に立派な滝。ちょっとしたハイキング気分を味わってきた。IMG_9925.jpg

養老天命反転地はリニューアルの工事が終わり、芝生に緑が戻ったらステキな場所になりそう。なにせ今は冬。緑がなくて青空に映えなかったのは残念でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント