古いオーディオを処分して、新しいシステムへ。

かって、音楽を聴くのはカセットテープだった世代の僕。好きな音楽を集めてお気に入りのカセットを作ったりしていました。が、通勤に使う車の中で聴く方が多かったのに、いつしか車もCDとハードディスク。カセットテープを聴くことさえ少なくなりました。バイトの子たちが、店長の好きそうな曲を集めといたよ、と作ってくれたものも含めて、いつしか身の回りからカセットを聴く機械すら消えて行きました。そうするとかさばるテープは邪魔になるばかり。バッサリと処分されることになってしまったのです。

ところが、営業所が廃止され、自宅の子供の部屋を事務所にしたのもつかの間、今度は出て行っていなかった息子が失意のうちに帰還。居場所を失った僕は、今度は実家のかつての自分の部屋を事務所にすることになりました。

実家には、自分が大学の頃そのままにたくさんのものが残されていました。中でも多かったのが、本とカセットテープ。レコードやCDもたくさんありました。が、もう決して読みそうもない本や聴かないだろうカセットを山のように処分したにもかかわらず、捨てきれないものがたくさん残りました。

が、機械は動かしていないとダメですね。30年ぶりにかけようと思ったCDプレイヤーはトレイすら出ず、カセットデッキもオートリバースが効かないのはともかく途中でテープをからみこみ、レコードプレーヤーはワウフラッターがひどくてめちゃくちゃ。動かしているうちに少しは回復したものの、カセットデッキとCDプレイヤーはなんとかしたいと思うようになりました。

が、カセットテープを聴けるちょっといい機械なんて今はないのです。ラジカセではレコードプレイヤーが再生できないし…。で、メルカリで、完動品だというのに飛びついて騙されて、大損こいたりしていました。

が、とうとう、このたび手に入れたのです。今度のは、レコードプレーヤー付きCDプレイヤー付き、もちろんカセットプレーヤー付きで、おまけにチューナーまでついていて、それをデジタル化できる優れものです。実はこいつも中古で、動くかどうかわからなかったのですが、動かない場合は返品するつもりで購入。ところが、すべての機能がちゃんと動くのです!感動でした。ま、お値段もそれなりだったんだけどね。

画像
メーカーはTEACとなっていますが、どうせ作っているのは中国。音質はラジカセ程度の悲しいものでした。が、持っていたアンプとスピーカーにつなげると、うーん満足!僕の衰えた耳には十分すぎる音を聞かせてくれることがわかりました。

これで、古いプレイヤー、カセットデッキ、入ったり入らなかったりするチューナーはお払い箱になります。なにより部屋がすっきり、まだ片付いてはないけれど、無駄なものをだいぶ減らすことができます。嬉しい!

ただ、カセットテープやレコードのデジタル化にはかけるだけの時間がありません。が、これからやっていけると思うと楽しみです。

そうそう、実家の車はホンダFIT。書店さんで仲良しの店長から、ミニカーをいただきました。ライトも点くんだって!でも、コレクションに入ってしまうので、一度も電気はつかないままかも。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック