面白出張旅日記 omoshiro syuttyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ウサギとカメ登山倶楽部」牡蠣・牡丹鍋パーティ開催!

<<   作成日時 : 2019/02/12 14:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

我が「ウサギとカメ登山倶楽部」では、年に一度ずつ、夏は一泊で登山に、春には牡蠣パーティをするという慣習になっています。夏の登山はなかなか都合がつかずメンバーは集まれなかったりするのですが、牡蠣パーティの方は、メンバー以外にも参加者が集まります。
関西で牡蠣といえば赤穂・日生。日生まで食べに行くこともあるのですが、最近はメンバーの一人ノッポさんの高級マンションのゲストルームを使わせていただくこともたびたびでした。が、今回は奈良の僕の実家の古家を使って行うことにしました。奈良の信貴山にあり、なかなか不便なところと、普段は無人なので施設としてはそれなりではあります。が、月に一度程度は草むしりに行っているので、せっかくだから活用したいといったところです。

あと、今回の趣向として、牡丹鍋をやりたいと考えました。さて、猪肉をどこで調達するか、頭を悩ましていたのですが、思い出したのが紫香楽に行く途中の宇治田原のお店。申し訳ないが、店というには少々…といったところ。それでもお願いしたらきれいな猪肉を1キロ用意いただきました。味噌をつけていただいて10000円でした。前日に取りに伺ったのですが、お肉もきれいに盛り付けていただきました。
画像

画像
ついてに宇治茶のお店の前で売っていた野菜なども購入。炭と道具なども購入して、呑み助のノッポさんと長老が知らぬ間に、焼酎も買い物籠に投入していました。

さて、翌日。樟葉でノッポさんを乗せ、大山崎で長老とメンバー一人を乗せていざ信貴山へ。途中、ヤマトで牡蠣を集荷して、歴史好きの長老で近くにある長屋王のお墓を見学しました。
画像


さて、信貴山に到着して、いざスタート。いつものように炭の着火に手間取りました。火が付きやすい七輪で行う予定が、出発直前にノッポさんから「BBQ釜がいいんじゃないか」と言われ、取りに戻りました。実は、BBQ釜は大きくていいのですが、炭がたくさん必要なことと持って帰ってから後の掃除が大変だから避けたかったんだけどなぁ…。結局、翌日、自宅で一人で洗わないといけないのでした…涙。

着火が終わり、牡蠣を広げて焼き始めると、早速呑み助たちは飲みたい病が始めます。そのとき、メンバーから駅に到着の連絡。飲まない僕は運転手ですから駅までお迎えに参ります。少しずつそろってくるメンバー。総勢は10.人になりました。どんどん焼けてくる牡蠣。出来上がってきた牡丹鍋、進むお酒とみんなご機嫌です。

牡蠣は赤穂の桝政さんからの直送。今回は15キロも購入しました。送料込みで15000円。昨日あげたばかりの新鮮なものなので、おいしいに決まってるじゃん!本当に大きくてほっぺの落ちそうなほどのおいしさでした。
画像


牡蠣と牡丹鍋から土手鍋と順調に仕上がって、みんなお腹がいっぱいになるほどにいただきました。お酒も進み、皆さんも出来上がってご機嫌です。
画像
画像

僕は飲めないくせに、食べ過ぎたのかダウンです。でも、夕方が近づき、そろそろ片付けないといけません。女性たちを中心に洗い物をしてくれて、大きな荷物は心ある男性が片付けてくれて感謝感謝です。腰が重い人は口ばっかりですが、いつものこと。前回は暗くなってから片付けたので片付かず、結局僕は一泊して翌朝片付けたのですが。今回は明るいうちに外は片付けられたのでよかったです。

まだまだ飲み足りないようで、メンバーは場所を庭から家に移して二次会突入です。僕は完全にダウン。食べ過ぎ?胃潰瘍? うまくできるか心配していたイベントが無事にできて疲れが出たかな。でも、休んでおかないと、また樟葉と大山崎まで送っていかないといけませんからね。

それにしても、牡蠣はおいしくて最高でしたし念願の牡丹鍋は食べられたしめでたしめでたしかな。。それぞれに持ち寄ってくれたお酒もおいしかったようで、楽しくおいしいひと時を過ごしてもらえたよう。最後に、ビールをひっくり返したり、お茶碗を割って、オチもつけてくれました。帰り道は、第一便は信貴山下駅まで、二便でみんなを乗せて帰路につきました。酔っ払いたちが寝られるようにと丁寧な運転を心掛けたのですが。運転手に気を使ってか起きてくれていて感謝でした。お疲れ様でした。ありがとうございました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ウサギとカメ登山倶楽部」牡蠣・牡丹鍋パーティ開催! 面白出張旅日記 omoshiro syuttyo /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる