「石鎚山登山」のはずが、雨。しっかり、グルメを楽しんできました。

今年も5月の終わりに「石鎚山登山」 本当は一週間早く行きたかったのですが、「しまなみサイクリング」の予定が入り、最終週になってしまいました。

去年も同じ時期に予定したのですが、前日の夜に雨で中止となり、リベンジとばかり計画したのです。ところが、山のメンバーの調整がつかず、結局、参加者は3名。さびしい登山です。が、松山からはメンバー一名と書店店長が、高知からは書店スタッフを含む3名が合流する予定。「参加者が少なくても行くぞ!」

前日には不参加の長老から「日ごろの精進か、奇跡的に晴れの予報。気をつけていって来い」とエールが届きました。「土産を買って来いだと!ふん、行かない人には土産”話”で十分さ」と。

ところが、出る前に見た天気図が微妙。いや~な予感が走り、雨具を追加。まぁ、僕たちの山行きには雨はつき物、必携ということは常識です。

深夜23時、枚方からスコット氏の新車で出発。24時、川西でメンバーがそろって、いざ石鎚へ。ここで、確認したのですが、二人とも雨具はないとのこと。「まぁ、今回は晴れだから大丈夫」とみんな信じていました。

僕の心配を伝えていた松山の店長からメール。「天気が少し下り坂です。ちょっと雨が心配。くれぐれも無理はしないように」と届きました。高速を走り続け、岡山でちょっと停車。「どうする?」と相談です。でも、この時点では誰も雨が降るなんて信じてません。そして、瀬戸大橋を渡り始めて、雨が落ちてきました。

「ここまで来たのだから、いけるところまで行ってみよう」と、伊予西条で降りて、石鎚ロープウェイに向かいました。が、雨は厳しくなるばかり。道は山の中に入り、「この雨では登れない」と中止を決定しました。せめて、雨具があれば行ける所まで行ったのですが、事前の準備不足でした。申し訳ない。

山歩きに慣れている高知のメンバーは、それでも土小屋コースで山頂まで登山。松山のメンバーの一人には中止を伝えました。参った参った。雨男は…僕なんでしょうね、やはり。

四国まで、高速を使って、真夜中走って、このまま帰るのは惜しすぎる。そこで、スコット氏が「霧の森大福ってこのあたり?」と聞いてきました。以前、松山のパイロット店で土産に買った「霧の森大福」があまりにもおいしかったことが忘れられないそうでした。

霧の森大福は、新宮村の村おこしの一環として始められた、特産のお茶と、生クリームをつかって作られたお菓子。楽天でも人気の品で、僕が行ったときは、松山のパイロットショップでは一人当たりの2個と決められていて開店前から長蛇の列。買うことに異論はないので、行ってみることにしました。

画像
その前に朝食です。スコット氏から「讃岐うどんが食べたい」と言われ、朝の6時前からうどん屋さんをネットで探しました。結局、現在地から一番近いチェーン店のうどん店を見つけて行ってみましたが、味は少々…残念。
画像


いよいよ、新宮村へ向かいます。新宮村は四国のど真ん中、徳島県の西に接する愛媛県の東端の山の中の村。現在は四国中央市の一部となっています。南の高知県とは千メートルを越える山があり、古くは大名行列も通った土佐街道が南北に通っており、本陣も置かれたところです。
画像


村の名前の新宮は和銅2年に紀伊半島の「新宮」を勧請したところからつけられたようです。かつては林業で栄えたのですが、今はお茶の産地として知られています。

画像
またまた、山道を登り、新宮村へ到着。お店は10時からで一時間以上あります。先ほどまで降っていた雨で、濁っていると思われる川はそれでもきれいに澄み切っています。霧が出て、山々もおごそかなほどの美しさです。

画像
道の駅新宮に接して、「霧の森」という施設があり、大福はここで売られています。聞くと、お茶のロールケーキも人気、いまなら限定品もあります、と係りの方はなかなかに商売熱心。でも、大福さえ買えれば満足なので、周囲を見て回り、暢気に写真をとっていました。
画像
画像


村おこしで造られた大きな観音様がおられるのですが、「政教分離」や「公費の不透明な使用」などのことがあり、少し離れた私有地へ移動しています。
画像


あっという間に売り切れた限定のロールケーキを見ながら、大福のお土産を買い込み、「せっかくだから」と茶室で一つずついただきました。「うーむ、やはりおいしい」
画像


「じゃ、帰路につくか」 どうせなら帰り道には淡路島を通りたい。「生シラス丼」も食べたいし、「たこせんべいの里」にも寄りたい。あ、そうそう。東浦の「たこのまるまる押し焼き」も食べてみたい。

というわけで、生シラス丼を求めて淡路島へ向かいます。本当は岩屋港で食べるつもりだったのですが、そこまでお腹がもちそうにない。スコット氏が島の南にある福良港で美味しそうなお店・山武水産という店を見つけて訪ねてみました。
画像


画像
感想はというと、美味しかった。ただ、時間が14時となっていて、朝あげてから時間がたっていたからか、少々生臭く感じてしまいました。この時間には、生じゃないほうがいいのかも。
画像


画像
次は、たこせんべいの里です。昔から何度も行っていて、よく知っているところですが、観光バスも入りすごい人です。
画像
以前は中で、作る機械を動かしていたこともあったのですが、最近はディスプレイと化している感があります。いつものように一通り試食をして、たまねぎせんべいと詰め合わせを購入です。

次は、道の駅・東浦ターミナルパークにある「やま高」のたこ焼きです。
画像
こちらは、生のたこに粉をまぶして、イカ焼きを焼く大きなプレス台で挟み込んで焼き上げます。たこが鳴くようになる「キュー」と言う音が切なさを誘うと言う人もいましたが、「うまそう」なんて思ってしまう僕は冷たいのかな。
画像


というわけで、石鎚山登山は今年はグルメツアーになってしまいました。高知のメンバーからは山頂の写真が届きました。ちょっと悔しいなぁ…。まぁ、普段の行いが悪かったのでしょう。参った参った。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック