出張の足を伸ばして、土佐久礼・大正市場へ行ってきました。

出張業務終了。書店さんのご担当の方々と今回は土佐久礼の大正市場へ行くことになりました。と言っても今回は現地まで車で連れて行っていただき、僕は乗っているだけです。高知市朝倉から川沿いに海へ下りて仁淀川を渡ります。
画像


ずっと海沿いを行きたいという僕のわがままを聞いていただき、土佐横浪黒潮ラインを走り、一路須崎へと向かいます。途中、回転展望塔のあったレストランの跡がありました。このあたりにはグリーンピアなんかもあったようです。
画像


土佐久礼到着です。まずは久礼八幡宮にお参りです。さすが、漁師の町とあって、絵馬までがかつおです。
画像

画像


神社の中に抜け岩という不思議な岩がありました。ここを抜けると幸せになりますとのこと。なくした財布が出てきますように。
画像


久礼といえば大正市場。災害にあった町に、大正天皇から援助をいただいた町ではその感謝の気持ちを忘れないようにと大正と名づけたのだそうです。獲れたての魚が昼ごろにはいっぱいに並びます。ちょうど、翌日が「鰹祭り」で大勢の人たちでにぎわっています。
画像
画像

市場の中の浜ちゃん食堂で「たたき定食」をいただきました。さすがに美味でほっぺが落ちそう。今年は鰹が不漁だそうで、あまり獲れず価格も高いのだそうです。
画像


観光案内所には古いホウロウの看板が集められていて壮観。最近、あまり見ることがない重厚な看板はレトロでいい感じです。
画像

もちろん、ここでも僕には自転車は必須です。実はここにレンタサイクルがあります。ミニベロなのですが、ほぼ新車。もちろん変速も付いていてご機嫌です。変速なしのママチャリが駅前にもあります。
画像


案内所の方のお勧めで、双名島へ行くことにしました。島は弁天島と観音島という島。土佐十景のひとつとなっています。昔々、鬼が久礼の村人が大波で困っているのを知り、町を守ろうと大岩を運んできてくれたのだそう。久礼湾で力尽きて沈んでしまった鬼の親子を今も海の守り神として祭っているのだそうです。
画像

近づくと見えなくなってしまう灯台。なんとか写そうとアングルを変えて撮ってきました。
画像

島のあたりをうろうろとしていると、一羽の野鳥が僕たちの周りを鳴きながら付いてきます。仲間だと思われたか?
画像


自転車と海の写真。やっぱりこれがなくっちゃ始まらないって感じです。もちろん本当は自分の自転車がいいのだけれど…
画像


下戸の癖に造り酒屋が大好きなので、立ち寄った西岡酒蔵店。飲めもしないくせに、利き酒をさせていただきました。お、これがおいしい!ってわかりもしないくせに、小さな瓶を一本いただきました。帰る途中で割れなければいいのだけれど。
画像

画像


黒潮本陣と言う人気の宿が高台にあります。もちろん僕は結構な坂道を自転車で登りきりました。メンバーたちに拍手されてしまいました。ここには久礼湾が一望できる温泉があります。露天風呂もあって、極楽極楽。
画像

画像


久礼の町まで戻ってきて、人気のケーキ屋さん風工房。イチゴ農家の方が経営されているのでイチゴ中心です。がそれと知らずに別のものを食べてしまいました。大勢の人が次から次へと訪ねていました。
画像

画像

満腹、満足して久礼で自転車返却。町中総出ではないかというほどの人たちが明日の鰹祭りの準備をされていました。どんな感じなのかなぁと思いつつも、帰路につきました。そうそう、鰹の慰霊碑が港にありました。
画像

こいのぼりかと思うと鰹のぼりが僕たちを見送ってくれました。
画像

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック