面白出張旅日記 omoshiro syuttyo

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都山国・常照皇寺の桜を見るために、マジェスティで雨中走行。

<<   作成日時 : 2017/04/18 06:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

友あり、東京より帰る。自転車の誘いを受け、また嬉しがらずや。目的地を鯖街道に定め、楽しみと不安に包まれつつ日々を過ごす。と、日々を楽しみにすごしていたところが、友人の勤務する書店は、ちょうど春の学参時期。一年で一番忙しい時期で休むことができなくなったと連絡が入り、やむなく中止となってしまいました。

失意のうちに、当日の朝。天候も不安定で昼からは嵐のような雨だという天気予報。「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」との言葉の通り、桜が気になって仕方がない昼過ぎまでに帰るつもりならなんとかなるかもと、好きなところで好きな桜を見たいからと、マジェスティを駆りだした。目的地は京都洛北の古刹・常照皇寺。

常照皇寺には、僕が大学の頃、しだれ桜の古木があり、その桜が大好きだった。が、数十年と訪れぬうちに古木ゆえに折れてしまい、今はその子どもたちが大きく育っている。まだまだ元気な若木で多くの人たちが、若いしだれ桜を見るために訪れる場所となっているそう。

少しでも早く帰ろうと、国道一号線を北上、京都市内では、最近使うことが増えた葛野大路を上り、天神川沿いの国道162号周山街道に入る。いつも混む福王寺交差点を過ぎて、一瞬、山がピンクに染まった。バイクを止めて早速にパチリと一枚。
画像


高尾を経て、京北へ。ここには最近多くの人で賑わう道の駅がある。朝の好天気を見てるか、バイク乗りも大勢バイクを止めている。しばし休憩して走り出そうとすると、エンジンがかからない。セルモーターは回るのだけれど、エンジンに回転が伝わらないでいる様子。え!と思ったが、マジェスティにはキックでかけるという奥の手があるのだ。まぁ、たびたび起こる事態なので、奥の手は表の手に変わりつつあるが。途中、ふと素敵な風景に目が止まった。いい感じだ。
画像


周山街道をカーブを楽しみながら走ると、ヘルメットのシールドに水滴が…。いや、気のせい気のせい。徐々に水滴が増えてくると、もはや気のせいだとは言っておられない。さてはて、中止して戻るのか、強行して走るのか迷いどころだ。ここで、サハラに消えた上温湯隆の言葉がよみがえる。「冒険とは可能性への挑戦である」はたからは冒険とは言えないほどの小さな旅だが、僕にとってはスリップが怖い小さな冒険。ここまできたら行くしかない。

それでも常照皇寺に着くまではそれほど雨は降らず、無事に到着できた。常照皇寺のあるあたりは「山国」という村で、歴史にも山国隊という名前が出てきたあと山国である。
画像
光厳天皇が愛されて、裏山には宮内庁の管理する墓所もある。そんなことからか皇室への信仰が篤かったのだと思われる。「急ぎ候ほどに はや 山国の陵に着きにけり」到着直前に桜が出迎えてくれた。
画像

画像
画像
長い階段を上る。さてと桜である。おっとその前に、庭もきれいな作りだが、あまり手は入れられていない。宮内庁で整備してもらうなんて出来ないものかなぁ。
画像


今度こそ、桜である。折れてしまった古木の子どもたちも大きく育って、人々の目を和ませてくれている。
画像


かの古木も枯れ果てた訳ではなく、空洞ができて折れてしまったものの、今でもしっかりと枝を伸ばし、花をつけている。
画像
画像
小さくなったその姿はかつてを知る人にとっては寂しいだろうが、それはそれでけなげで美しい。多くの人たちが訪れて、若いしだれ桜も嬉しそうである。

もちろん、ご本尊様もお参りして帰ることにする。が、ここでは光厳天皇への信仰か、ご本尊様が手前に、天皇像が奥にあるという配置になっている。歴代の門主の方々の像も祀られている。
画像


のんびりしすぎたからか、帰りはもはや土砂降りとなってしまった。ライダーズスーツは着ているものの、やはり雨がしみてくる。「そうだ、ダイソーのカッパも積んでいたぞ」と着てみるが、走る風圧でボタンが開いてしまう。どうせなら、ポンチョにすればよかった。おまけにカッパから滴る雨が背中を伝って、シートに落ちて、パンツの中まで濡れてきた。嫌な感じ。荒天気で車が少ないのは助かったが、道が滑りそうで怖い。マンホールの上や白線の上が滑るんだと、先輩方からも言われている。おっかなびっくり、初心者の頃を思い出すように、カーブで傾けては戻し、曲がれなくて速度を落とし、とひやひやどきどきしながらも、無事に帰宅できた。家に着いて、ほっと一息、大きなため息をついたことは言うまでもない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
Incredible! This bblog lkoks exactly like myy olld one!
It's oon a totaslly different topiic but it has pretty muchh tthe sqme layout aand design. Grwat hoice of colors!
I aam sur thijs paragrawph haas toched all thhe interneet visitors,
itss really really fadtidious articlke oon bjilding upp neww website.

Woah! I'm really loving tthe template/theme off thiks site.
It's simple, yet effective. A lot off tmes it's difficlt tto gett thhat "perfect balance" betgween superb usabilijty annd visial appearance.
I must saay you've done a fantastic jjob with this.
Also, thhe blog lopads extremely quhick for mee on Chrome.
Outstanding Blog! http://foxnews.net
Jenni
2017/04/29 01:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都山国・常照皇寺の桜を見るために、マジェスティで雨中走行。 面白出張旅日記 omoshiro syuttyo /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる